募集要項

第9回 大津会議 Otsu Conference 2018 ─有機合成の夢を語る─
募集要項

対象分野

有機合成化学及びその関連分野

参加資格

有機合成化学分野及びその関連分野において、意欲や能力があり、優れた業績をあげている研究者で次の要件を満たすこと

1. 日本学術振興会特別研究員(DCまたはPD)及びそれに準ずる人
2. 原則としてAcademia志望であること

内 容

1泊2日のセミナー講演・討論

日 程
2018年10月22日(月)9:00 ~ 23日(火)14:00(予定)
場 所
びわ湖大津プリンスホテル(琵琶湖岸)
参加者
全国6ブロック(北海道、東北、関東、東海、関西、九州)より 合計16名程度
プログラム
  1. 現在の研究(発表12分、質疑8分)、将来の研究(発表5分、質疑5分)/1名(全員が発表、英語)
  2. 講演:生越友樹先生(金沢大学理工研究域)/Lectureship Award MBLA 2016受賞者
  3. 話題提供:組織委員
  4. ラウンドテーブルディスカッション(日本語)テーマ:有機化学に新分野を拓く

※現在の研究、将来の研究の各セッションから優れた発表者1名ずつを表彰し、受賞者をアジア講演ツアーに派遣(旅費支給)

選 考

書類審査により参加者決定 (採否は8月頃通知予定)

参加費

無料  (原則、旅費・宿泊費は研究費等で各自負担。一部補助制度あり応相談。)

応募方法

財団ホームページからご応募のうえ、下記必要書類をご提出ください。

  1. 応募用紙:
    1. 略歴・受賞歴・応募理由(800字程度)
    2. 研究概要(A4 1枚以内 英語)
    3. 作文(A4 1枚以内 日本語)
      1. ① 独立したポストが得られた場合にやりたいプロジェクト
      2. ② 20年後の有機合成化学
      3. ③ 我が国のとるべき道
  2. 論文リスト
  3. 推薦状:A4 1枚以内
    1. 所属上長(所属研究室教授)からの推薦が受けられること
  4. 主要3論文のPDFファイル

なお、研究概要は当日配布用冊子に掲載予定。
参加者には、発表内容等に関する秘密保持承諾書に署名を頂きます。
参加申込方法についてはこちら

応募受付

  • Web応募受付:2018年5月1日(火)~6月10日(日)
  • 書類提出:2018年5月1日(火)~7月10日(火)

お問い合わせ先

公益財団法人MSD生命科学財団 「大津会議」事務局
E-mail:zaidan@msd-life-science-foundation.or.jp


シンポジウムSymposium

四半世紀記念万有シンポジウム
万有札幌シンポジウム
万有仙台シンポジウム
万有福岡シンポジウム
名古屋メダルセミナー
大津会議
MBLA10周年記念講演会
組織委員ご挨拶
万有シンポジウムの歴史
募集中の助成プログラム
募集中のシンポジウム
臨床研究支援に対する公表について