よくあるご質問はこちら

研究助成
よくあるご質問

生活習慣病領域

【共通】

Q1
M.D.の定義はなにか?
A1
当財団の応募資格にある「M.D.」とは、医学部を卒業した学士(医学)であり、更に医師免許を取得している者を指します。
Q2
ライフイベント(出産・育児・介護)による研究の中断について、どのように確認するのか?
A2
ライフイベント(出産・育児・介護)による応募年齢制限の延長を受ける際は、公的な証明書をご提出いただきます。
Q3
ライフイベントによる研究の中断期間が複数ある場合、合算できるか?
A3
ライフイベントによる中断期間は、月単位で合算が可能です。
Q4
応募用紙の記載について、共同研究者が4名以上の場合、どうするか?
A4
記載欄に4名まで記載し、最終欄に他○○名としてください。
Q5
応募用紙の論文リストについて、英語論文だけでなく、日本語論文も記載してよいか?
A5
査読のある英語論文に限ってご記載ください。
Q6
昨年、応募して助成を受けられなかったが、今年も応募可能か?
A6
応募資格を満たしていれば、応募可能です。
Q7
現在留学中であるが応募可能か?
A7
応募資格を満たしており、募集期間中に帰国していれば応募可能です。
Q8
2次選考会に出席できない、または予定が入るかもしれないが応募は可能か?
A8
2次選考会に出席いただくことが応募条件です。ご出席の予定をいただいた上でご応募下さい。

 

【若手研究者】

Q1
推薦者となる「所属上長」の定義は?
A1
大学の場合:所属研究室/教室の長 例:教授
病院等の場合:所属診療科の長 例:診療科長、診療部長
Q2
推薦者のサインは「タイプ」して捺印でも構わないか?
A2
直筆のサインを取得いただくようお願いいたします。
Q3
上長(教授)が診療科長を兼務している場合、大学所属と病院所属の2名を推薦できるか?
A3
同一上長が同一年度の同プログラムに2名以上を推薦することはできません。
(参照:応募資格 所属上長が同年度に推薦できるのは、1名のみとする)
Q4
応募期間中に上長が退官し、新上長が就任する場合はどちらの推薦が必要か?
A4
新上長の推薦が必要となります。
Q5
所属上長が不在の場合は誰の推薦が必要か?
A5
所属する部門、教室、部署の代行責任者から推薦を受けることが必要です。
例:教授不在の場合:医学部長または教授代理
診療科長不在の場合:診療部長、院長または科長代理
Q6
「日本循環器学会・日本高血圧学会・日本動脈硬化学会・日本糖尿病病学会・日本腎臓学会のいずれかの会員であること」とあるが、学会への入会申し込み中である場合には、応募は可能か?
A6
応募には、応募用紙へ学会会員番号の記載が必須ですので、未入会では応募できません。学会の会員番号を取得後、応募をお願いします。

 

【スタートアップ】

Q1
応募資格の「講座、研究室、研究室または研究チームの責任者」とは何を指すか?
A1
大学では「教授」(特任教授を含む)、研究機関では「部長」としています。施設により役職の表現が違う場合などは財団までお問い合わせください。
Q2
応募資格の「教授、部長、またはそれに準ずる役職」の「それに準ずる役職」とは?
A2
室長や教室の責任者にあたる准教授などが該当すると思われますが、施設により役職の表現が異なるので、不明の際は財団までお問い合わせください。
Q3
別の施設に異動になり、研究責任者となれば応募できるか?
A3
日本国内において、新たに研究責任者(教授、部長、またはそれに準ずる役職)となった者を対象としています。
同施設でも職位が上がり研究責任者となった場合も応募いただけます(例:A施設 准教授→A施設 教授)。
また、海外の施設で研究責任者であった者が、国内で新たに研究責任者になった場合は、応募することが可能です。
Q4
Ph.D.の応募は可能か?
A4
M.D.研究者に限定したプログラムです。Ph.D.の研究者の応募はできません
Q5
M.D.の資格があれば臨床系の教室の責任者でなくても応募が可能か?
A5
応募資格を満たしていますので応募可能です。

 

【その他】

Q1
研究助成期間中に交付者が他施設に異動になった場合、どうするのか?
A1
異動に伴う助成金の機関間の移し替えをお願いします。しかし、研究遂行上の困難が生じた等の理由で、応募した研究が継続できない場合には、研究助成の中止となります。

 


研究助成Research Promotion

がん領域
生活習慣病領域
感染症領域
呼吸器・アレルギー領域
がん医療政策に関する研究
女性研究者支援 感染症領域
募集中の助成プログラム
募集中のシンポジウム
臨床研究支援に対する公表について