Poster Presentation発表

第26回 万有福岡シンポジウム
生命機能に挑戦する有機合成化学

No. 発表者 所属 発表演題
P-1 第26回万有仙台シンポジウム Best Poster賞受賞者
儀間 真也 東北大学大学院理学研究科 分子間でのメチレン基移動を伴うO-プロパルギルホルムアルドキシムの金触媒骨格転位反応
P-2 第27回万有札幌シンポジウム Best Poster賞受賞者
竹ノ内 雄太 北海道大学大学院総合化学院 銅(I)触媒を用いた(E)-γ-アルコキシアリルホウ素化合物の不斉合成
P-3 金子 詩歩 長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科 テトラアルキルアンモニウム塩の新たな可能性:水素結合供与型触媒としての利用
P-4 山根 侑 山口大学大学院理工学研究科 ジアリールフランの立体的に込み合ったC-H結合のPd触媒による直接的アリール化反 応の開発
P-5 中武 大貴 九州大学大学院薬学府 工業応用を志向した改良型亜鉛触媒によるエステル交換反応
P-6 加藤 巧馬 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 環状ジ置換アミノ酸を利用した膜透過性ペプチドの開発
P-7 浦川 一樹 熊本大学大学院自然科学研究科 オルトキノン含有多環芳香族のガスを用いたレドックススイッチング
P-8 黒里 郁仁 佐賀大学大学院工学系研究科 2-CF2H-N-Tsアジリジンを用いたβ-CF2H-トリプタミン誘導体の簡便合成
P-9 村田 健虎 山口大学大学院医学系研究科 疎水性イオン液体中でのソルビトールの高速脱水反応
P-10 髙尾 豪 山口大学大学院理工学研究科 光励起ケトンを酸化剤とする2級アルコールの新規酸化法
P-11 羅 中力 九州大学大学院工学府 B12モデル錯体を用いたバイオインスパイアード物質変換システムの開発
P-12 菊田 健司 九州大学大学院薬学府 誘起反応性クロスリンク核酸の開発と四本鎖i-motif DNAの安定化
P-13 焼谷 大輔 九州工業大学大学院工学府 赤色発光型ユーロピウム錯体およびフェロセン部位を有するゲル化剤の合成とその機能評価
P-14 渕田 大和 九州大学大学院薬学府 タンパク質特異的ラベル化を目指した新規ペプチドタグ・亜鉛錯体プローブペアの開発
P-15 Maurya Yogesh
Kumar
九州大学大学院工学府 近赤外発光性イリジウム(III)ベンゾノロール錯体の合成と光物性
P-16 高橋 周平 九州工業大学大学院工学府 ロジウム触媒を用いたジアゾナフトキノンからのベンゾナフトピラノンの合成
P-17 松本 萌 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 ツガシン cmc-Aの合成研究
P-18 河野 玲緒 北九州工業高等専門学校生産デザイン工学科 電子不足二重結合を側鎖に有するビピロールの合成とその結晶構造
P-19 大山 達也 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 臭素カチオン源を酸化剤とするα-置換セリン類の触媒的不斉合成
P-20 張 振中 九州大学大学院理学研究院 担持パラジウム触媒を用いた非強酸条件下でのワッカー酸化
P-21 荒木 健 九州大学大学院薬学研究院 温度応答性蛍光プローブの合成と水中での物性評価
P-22 別府 翔太 熊本大学大学院自然科学研究科 ビニリデンオルトキノンメチッド中間体の生成を鍵とする2-アルキニルスチルベン誘導体の環化異性化反応
P-23 才田 雅博 九州大学大学院理学府 アザインドール類の触媒的不斉水素化