プログラム

第35回万有仙台シンポジウム
生物応答と分子機能に挑戦する有機合成
:四半世紀を経て

開催日
2024年5月18日(土)
会 場
東北大学百周年記念講堂 川内萩ホール
オンライン配信(遠方の参加者限定/Zoom予定)

※開催地近隣の方は現地へお越しください。
※来場が難しい遠方の方を対象にオンライン配信を行います。
(遠方大学においては、オンライン配信を勉強会等として活用し
 討論しながら視聴いただければ幸いです。)


 

プログラム

11:00~11:05

Opening Remarks

オーガナイザー:寺田 眞浩(東北大学大学院理学研究科)

11:05~11:35

Poster Short Talks

11:35~13:00

Luncheon Mixer / Poster Presentations

13:00~13:40

【MBLA受賞講演】

分子触媒の新手:フラストレーションを制御する機能の探求

星本 陽一(大阪大学大学院工学研究科附属フューチャーイノベーションセンター)

座長:岩本 武明(東北大学大学院理学研究科)

13:40~14:30

金属錯体で創る光合成反応触媒

正岡 重行(大阪大学大学院工学研究科 応用科学専攻)

座長:岩本 武明(東北大学大学院理学研究科)

14:30~14:45

Coffee Break

14:45~15:35

新規有機材料開発から製造プロセス革新まで ~四半世紀にわたる私の研究変遷~

甲村 長利(産業技術総合研究所 触媒化学融合研究センター)

座長:服部 徹太郎(東北大学大学院工学研究科)

15:35~16:25

日本発の環状ホスト分子「Pillar[n]arene」:発見から分子空間化学への展開

生越 友樹(京都大学大学院工学研究科 合成・生物化学専攻)

座長:服部 徹太郎(東北大学大学院工学研究科)

16:25~16:40

Coffee Break

16:40~17:30

自然免疫受容体発見から四半世紀:微生物由来活性分子の有機化学

藤本 ゆかり(慶應義塾大学 理工学部 化学科)

座長:永次 史 (東北大学多元物質科学研究所)

17:30~18:20

キラル分子触媒の設計と機能探索:25年の変遷

松永 茂樹(京都大学大学院 理学研究科 化学専攻)

座長:永次 史 (東北大学多元物質科学研究所)

18:20~20:00

Evening Mixer

 
参加申込方法についてはこちら


 

お問い合わせ先

第35回万有仙台シンポジウム事務局
〒980-8578 仙台市青葉区荒巻字青葉6-3
東北大学大学院理学研究科 
寺田 眞浩 / 近藤 梓
TEL:022-795-6602
E-mail:banyu_sendai35@grp.tohoku.ac.jp