よくあるご質問はこちら

海外留学助成 よくあるご質問

共通

応募資格について

Q1
昨年、応募して助成を受けられなかったが、今年も応募可能か?
A1
応募資格を満たしていれば、応募可能です。
Q2
現在留学中であるが応募可能か?
A2
応募資格に記載の指定時期に留学を開始すること 並びに 研究留学の経験がないことを満たさないので、応募できません。
Q3
大学院生でも応募して良いか?
A3
応募資格を満たしていれば、応募可能です。
Q4
応募期間中に所属する部門あるいは教室の責任者が退官し、新しく責任者が就任する場合はどちらの推薦が必要か?
A4
新しい責任者の推薦が必要となります。

生活習慣病領域

応募資格について

Q5
次回の日本循環器学会/日本糖尿病学会で初めて発表する予定であるが、応募資格はあるか?
A5
応募時に条件を満たしていないので、応募資格はありません。
(参照:応募資格4. 循環器分野へ応募の場合は、日本循環器学会の会員であり、日本循環器学会の年次学術集会において発表実績があること
応募資格5 糖尿病分野へ応募の場合は、日本糖尿病学会の会員であり、日本糖尿病学会の年次学術集会において発表実績があること)
Q6
米国心臓病学会議(AHA)/米国糖尿病学会(ADA)での発表実績はあるが、日本循環器学会/日本糖尿病学会の年次学術会議での発表実績はない場合、応募は可能か?
A6
応募資格を満たしていないので、応募できません。
(参照:応募資格4. 循環器分野へ応募の場合は、日本循環器学会の会員であり、日本循環器学会の年次学術集会において発表実績があること
応募資格5 糖尿病分野へ応募の場合は、日本糖尿病学会の会員であり、日本糖尿病学会の年次学術集会において発表実績があること)

呼吸器・アレルギー領域

応募資格について

Q7
応募期間中に日本呼吸器学会または日本アレルギー学会での発表実績はなく、次回発表することが決まっているが、応募することは可能か?
A7
応募時に条件を満たしていないで、応募資格はありません。
(参照:応募資格3. 日本呼吸器学会または日本アレルギー学会の会員であり、学会の年次学術集会において発表実績があること)

応募用紙記載内容について

Q8
TOEICまたはTOEFL等の点数記載は必須か?
A8
この領域において、「TOEICまたはTOEFL等の点数」は、留学助成の候補者選出にあたり判断情報のひとつですが、必須ではありません。