向山アルドール反応40周年記念シンポジウムについて


 
向山アルドール反応40周年記念シンポジウムは、約450名の方々にご参加いただき盛会のうちに終了いたしました。
なお、当日の様子はYouTubeにてご覧いただけます。

 
The 40th Anniversary Symposium of the Mukaiyama Aldol Reaction, Tokyo, Aug. 31, 2013
 

向山アルドール反応40周年記念シンポジウム English site

開催日時
2013年8月31日(土)9:00~17:30   懇親会 18:00~20:00
受 付
8:15~
会 場
ハイアットリージェンシー東京 B1F
 センチュリールーム(懇親会:桃山)

東京都新宿区西新宿2-7-2(JR新宿駅より徒歩10分)
主 催
向山アルドール反応40周年記念シンポジウム実行委員会
共 催
公益財団法人万有生命科学振興国際交流財団
後 援
日本化学会、日本農芸化学会、日本薬学会、有機合成化学協会
参加登録費
一般 15,000円、学生 5,000円
懇親会費
10,000円
参加申込締切
2013年8月20日(火)
連絡先
村上 正浩/京都大学大学院工学研究科
E-mail: mukaiyama-aldol@rs.tus.ac.jp

 

プログラム

9:00~9:40 The Mukaiyama Aldol Reaction Ever-Developing for 40 Years
Masahiro Murakami (Kyoto University)
9:40~10:20 Supersilyl Chemistry – Amazing Mukaiyama Aldol Reaction
Hisashi Yamamoto (Chubu University)
10:20~10:50 Coffee Break
10:50~11:30 The Mukaiyama Aldol Addition as an Inspiration to Develop Selective Organotitanium Reagents
Manfred Reetz (Philipps-University Marburg)
11:30~12:10 A Journey from Mukaiyama Aldol Reaction to Direct Catalytic Asymmetric Aldol Reaction
Masakatsu Shibasaki (Institute of Microbial Chemistry)
12:10~13:30 Lunch
13:30~14:00 The Discovery of the Aldol Reaction Mediated by Boron Enolates
Katsuhiko Inomata (Kanazawa University)
14:00~14:40 Boron Enolate Chemistry Towards the Syntheses of Polyketide Stereotetrads
Ari M. P. Koskinen (Aalto University)
14:40~15:10 The Discovery of the Aldol Reaction Mediated by Tin(II) Enolates
Nobuharu Iwasawa (Tokyo Institute of Technology)
15:10~15:40 Coffee Break
15:40~16:10 Early Days of Silyl Enol Ethers
Shinji Murai (Nara Institute of Science and Technology)
16:10~16:50 The Danishefsky Diene – Another Giant of Silyl Enol Ether
Takeshi Kitahara (Kitasato University)
16:50~17:30 Some Aspects of Aldol Chemistry in Nagoya
Ryoji Noyori (RIKEN and Nagoya University)
18:00~ Banquet

シンポジウムは全て英語で行います。

 
参加申込方法についてはこちら
研究者専用ページ
24時間以内にメールが届かない場合には、下記「お問い合わせフォーム」にてご連絡ください。

 

お問い合わせフォーム

 

万有向山シンポジウム

 
募集中の助成プログラム
  • 現在募集中のプログラムはありません。
募集中のシンポジウム
ページの先頭へ戻る