弊財団の臨床研究支援に対する公表について

弊財団は出捐会社であるMSD株式会社より支援を受けて活動しておりますが、研究助成プログラムについては、以下の要件により『公正な公募』により実施しております。
このことから、臨床研究法(平成30年4月1日施行)に定める「臨床研究」を支援した場合でも、『医薬品等製造販売業者等から研究資金等を受けて実施する臨床研究』とは言えず、臨床研究法第2条第2項第1号の『特定臨床研究』には該当しないことを公表いたします。
なお、本公表は、平成30年2月28日付「臨床研究法施行規則の施行等について (医政経発、医政研発、0228第1号)」に基づくものです。

公正性については、次のとおりです。

弊財団は、定款において「人類の疾病の予防と治療に関する生命科学の研究の奨励及び助成とともに、国際交流を担うべき人材の育成に関する事業を行い、学術の振興及び人類の発展に寄与することを目的とする。」と定めており、不特定多数の利益の増進に寄与することを目的として活動しております。
すべての研究助成の募集要項において、研究課題を特定の医薬品等製造販売業者の医薬品等に係る研究に限定しておりません。
すべての研究助成の募集要項において、募集対象となる者を特定の研究者又は特定の医療機関に限定しておりません。
応募につきましては、すべて弊財団のWEBページより行うなど、応募の機会は一般に開放しております。
選考に際しては、公正かつ適正に実施されております。
上記選考は、外部の専門家のみにより実施されております。
選考の結果、助成対象となった者(交付者)については、弊財団ホームページにおいて研究課題とともに公表しております。
助成期間が終了後、速やかに助成対象者からの成果報告(書面)を受けております。